女性

リウマチに効果的な食材|治療で早く治そう

野菜を手軽に補える

飲み物

平均は300グラム以下

野菜の1日の摂取量は「350グラム」とされている。しかし、実際の摂取量は270グラムが平均で、300グラムにも満たない。現代人は3食食べる暇がないくらい忙しい人が多く、栄養バランスが乱れがちである。青汁なら、1日に必要な野菜を手軽に補助できるという。自分で作ることもできるが、水で溶かして飲む市販のものが売れている。粉末状なので、水のほかにミルクで割っても美味しく飲めるという。青汁には注意点もある。それは熱を加えると栄養価が落ちることである。特にビタミンCと酵素は熱で消滅しやすい。青汁の中で最もクセがなく飲みやすいのが「大麦若葉」と言われている。抹茶のような味わいで、さわやかな香りが特徴である。

麦が穂をつける前

大麦若葉の収穫期は、2月である。大麦は通常穂を摘むものだが、若葉は麦が穂をつける前に収穫される。本来は穂が美味しく栄養価があると言われていたが、近年大麦若葉の栄養に注目が集まっているという。大麦若葉の青汁は、食物繊維が豊富に含まれている。この成分は腸の働きを活発にさせる効果がある。腸内の環境が整うことで、体全体の機能も活性化されるという。新陳代謝が向上し、肌の調子も良くなる。毎日飲むことで、艶やかでみずみずしい肌を維持できると、絶大な支持をされているという。生理前に発生するニキビもできにくくなると言われている。食物繊維は、効きすぎてお腹がゆるくなることもある。何においてもそうだが、飲みすぎには注意が必要である。

Copyright© 2016 リウマチに効果的な食材|治療で早く治そう All Rights Reserved.